世界の片隅でひっそりと綴るブログ

日々の関心事を雑多につづります。

MENU

失敗しない!自家製ヨーグルトの作り方 その③ 発酵マストアイテムはこれだ!

hissorisekai.hatenablog.com

hissorisekai.hatenablog.com

 

●保温性の高い鍋

保温性の高い鍋があると、一気に成功率が上がります。

煮込み料理などを作る鍋が向いてます。

ホーローなどで、蓋がしっかり閉まるものを。

 

ちなみに私のお気に入りは、ウィルセラムという鍋です。

 

森修焼とともに、私のキッチングッズのお気に入り2大巨頭です。

熱伝導が良いのか、すぐ温まります。

 

そしてものすごい保温力! そして遠赤外線でおいしい!

なぜかこのウィルセラムに入れておくと、食べ物が傷みにくい!

 

などなど、かなりの優れもののウィルセラムシリーズ。

しかしこれは残念ながら現在は生産中止だそうです。

なんでも、製作元が気合い入りすぎて(?)、作れば作るほど赤字になってしまうのだとか…(笑)

 

もしどこかで見つけた方は是非お試しください。

私はこのお鍋はリサイクルショップで未使用品をゲットしましたヨ!

棚の一番下でホコリかぶってましたよ…(悲)。

 

●その他のマストアイテムは?

IMGP2481.JPG

●温度計

ずばり、温度計はマストです!

これがないと絶対にうまくいきません。

甘酒作りなどにも使えるので、持っていないなら一本買って損はないでしょう。

そんなに高いものでもありません。

クッキング用でなくても普通の水温計で大丈夫です。

ホームセンターとかで売ってます。

どうしても温度計がないけど作っちゃった!という時は指で測ります。

 

ちょっと熱いと感じるけど、指を入れることはできる。

お風呂で熱くて入れないよ!ってときくらいの温度が目安です。  

 

 

●エンバランス容器

知ってる人は知っている、奇跡のプラスティック製保存タッパー、エンバランス容器シリーズです。

何を入れても新鮮が持続するだけでなく、モノによっては味がいちじるしく変わります。

それに、プラスチックゴミを少しでも役立つものに変えていきたい という、この会社の理念にも心底惚れます。

 

最初は私も普通のタッパーを使っていましたが、ある時このタッパーで保存するようになってから、完成したヨーグルトの味がグッと良くなりました。

そしてさらに、成功率がグググっと上がりました。

 

たぶん菌がすごく活発化するんだと思います。

できた日はややあまい発酵でも、これに入れておくと、次の日にはしっかりしたヨーグルトの味に変化してくれます。

もうこれがないと作れない!っていうくらい信頼しています。

 

以上、私なりに長年作っていて一番手軽で失敗しない方法をご紹介しました。

このやり方とほぼ同じやり方で、麹から甘酒も作れます。

是非是非お試しください!

 

お読みいただき本当にありがとうございました(^^)